2007年10月17日

主に初音





むしろ主に亀田になったか。


なかなか面白い試み。FCだけあっていきなりとんでもない(悪い意味で)手も出る。これは見ていて非常に面白い。まさにニコニコ向け。




予算表が流出してしまったアニメ。面白いと思うのでよかったらどうぞ。

コメントのレス
>>triest
縛りで思い出しましたが、最近のソフトでちょうどいい例がありました。
PS2で発売されたテイルズオブジアビスとFF12です。

テイルズオブジアビスではシンフォニアのシステムに新たに導入されたADスキル「フリーラン」というものが存在します。これは3D表現されているフィールド内をフリーランボタンを押している間縦横無人に動けるというもので、シンフォニアで要望が多かったことから実現したものでした。3Dで描写されているものの、敵と自分を直線でつないだラインのみで戦っていたシンフォニアに比べて、自由に動けるということは敵の攻撃(特に術系)を容易に避けられるようになることは明白でした。この点からフリーランはいらないという意見も多々聞かれました。実際開発者もそうなることを予測してデフォルトのシステムとして組み込まず、あくまでスキルという形をとっています(ADスキルはON、OFFが可能)。自分で遊び方を選べる人はOFFにして遊んでいたりしますが、

なぜかフリーランがあるからアビスはダメと言う人がいます。ADスキルをOFFにするだけでシンフォニアと同じになるのに?

同様にFF12でもガンビットというシステム(ドラクエよりは微妙に高度なAI戦闘)があるからダメという人がいます。オフにして全て手入力すればいいではないか。そうすればFF4から行われてきた、「ATBバーが溜まり」「行動を決定し」「敵に攻撃する」という従来の方法となんら変わらない。変わっているのは「3D描写になって一部立ち位置が関係している」「戦闘がシームレスバトル」な点だけである。シームレスバトルが馴染まないから嫌だという意見はまだ理解できる。


「フリーラン」も「ガンビット」もそこには付加要素として入れられているだけであって削れば従来の戦闘が可能なのに、あるだけで否定される。なぜ自分でオフにして遊ばない?スマッシュブラザーズもそうだが、遊び方がカスタマイズできるのであれば自分に見合った方法で遊べばいいではないか。

とまぁ、色々書いてみたわけですが私はフリーランもガンビットもガンガン使いました。楽になるのは分かってます。RPGにおいては与えられた環境下で楽に戦う方法を模索する。制限はせずに与えられたもの全てを使って打破するのが面白いと感じるのでね。それが楽過ぎてつまらないならtriestの言うとおり、縛りプレイをすればいいのだ。
posted by ルア at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコニコ動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61047525

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。