2007年08月31日

どうでもいいこと

自分の額にはなぜか傷があるのです。顔の左上から眉間に向かって。
で、なぜかと言っているのは気づいたときには既にあったんですね、この傷。

小学校の頃は学校の怪談など児童図書のホラーばっかり読んでたので鏡が極めて嫌いでした。鏡をネタにした怪談話は多いのでね。ホラー大好き、でも見たり読んだりすると後悔するというマゾな(今でも)子でした。そんな感じだったので鏡をまともに見るようになったのは中学校の頃でしたね。そしたら既に傷があったのですよ。

んでま〜それから10年以上経ったのですが、ふと子供の頃の写真を見たときに一歳の写真で既に傷らしきものをが写っているのを発見。ほえ?と思って母に聞いたところ、子供の頃にお気に入りの目覚まし時計があったそうで、それを持って走っていたときにこけてその目覚ましの角で傷つけたそうです。

別に落ちなどはありませんが、10年前になんでこんな傷が?と思ったまま今まで過ごしてきたので自分と今まで対面したことがある人で、俺の額が気になった人がいたら(いるのか?)こういう理由だったそうですよとそういうことです。
posted by ルア at 19:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 学校の怪談学校の怪談(がっこうのかいだん)とは、夜の学校の静けさがかもしだす独特の雰囲気や戦後の高度経済成長によって学校建設が必要になり、学校が建てられるにあたって墓地が壊されたり移動されたりした経緯..
Weblog: 子供の遊び・文学いろいろ
Tracked: 2007-09-30 07:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。